【ナルト】大玉螺旋丸の強さ考察、ナルトの代名詞的なアレ!

ナルトの代名詞ともいえる技といえば“螺旋丸”だよね!

今回はそんなナルトの螺旋丸シリーズから“大玉螺旋丸”について思いを馳せてみたい!

純粋な上位交換…って感じだけど、そのサイズは圧巻だ!!

【スポンサーリンク】

大玉螺旋丸の強さ考察、ナルトの代名詞的なアレ!

大玉螺旋丸を使っている感じは以下。

通常の螺旋丸よりも多くのチャクラを練り込んで放たれるというのがこの術の最大の特徴であるといえる!

ただでさえ強力な螺旋丸が、より多くのチャクラを練り込むことによってさらなる破壊力アップを成し遂げた!

大玉螺旋丸
ナルト秘伝・者の書より引用 大玉螺旋丸はこんな感じ

もともと螺旋丸というのはチャクラを掌(てのひら)の中で高速乱回転させて、密度を徹底的に圧縮して打ち出す忍術。

そして、それと同じ要領で使用するチャクラの絶対量をアップさせたのが大玉螺旋丸であるといえる!

九尾の人柱力であり、うずまき一族の末裔であるナルトだからこそ可能になった技だといえるだろう!

それにしても、螺旋丸の習得の時点ですでに相当苦労していたことを踏まえると、大玉螺旋丸ほどのチャクラを一箇所に取りまとめるのは相当に難しいはず。

通常の螺旋丸でコツを掴んだとはいえど、ナルトの潜在的センスの高さが伺えるところだ!

【スポンサーリンク】

通常ならばほぼ確実にオーバーキル!

バトル漫画全体の傾向になるけど、敵が強くなればなるほど相手の“タフネス”もアップしてくる傾向にある。

しかし、冷静に考えてみると“人間一人の体の作り”は強い忍も普通の人もそこまで変わらないはずだよね。

特殊な血継限界を持っている相手は別だけど、大抵の場合“筋肉の総量がちょっと違う”くらいの違いなはず。

通常の螺旋丸でも相当にダメージはデカいわけだけど、大玉螺旋丸なんて使った日には、それこそ対象を木っ端微塵にしてしまうほどの威力となってしまうことだろう!

最終段階で登場してきた忍のタフネスはどれも圧倒的なレベルに達していたから大玉螺旋丸の習得は必要不可欠だったと思うけど、普通の忍が相手であれば完全にオーバーキルしてしまうほどの破壊力。

なんなら状況次第では、周りの関係ない人まで巻き込んでしまいかねないほどの高威力だ!

努力の成果といえばそれまでになってしまうかもしれないけど、その裏側にはナルトが螺旋丸に対する高い適正を持っていたことがチラついているような気がする!

苦手な術の特訓ばかりしていたらナルトは落ちこぼれのままだっただろうけど、得意分野を見つけてからは一気に才能が開花。

最終的には大抵の忍をオーバーキルしてしまうほどの威力を持つ技を習得するに至った。

得意なことに熱中することでここまでの威力の術を身に着けたナルトの頑張りを高く評価したい!!

【スポンサーリンク】