【ナルト】獣人分身についての考察、血継限界とは違うものの強力な忍術!

イマイチ地味な印象のある犬塚キバ。

今回は彼の使用する切り札のひとつである獣人分身について考察し、理解を深めていきたい!

愛犬・赤丸とのコンビネーションなだけに血継限界ではないものの、強力な忍術であるといえる!

【スポンサーリンク】

獣人分身についての考察、血継限界とは違うものの強力な忍術!

獣人分身を用いたキバと赤丸は以下のような感じ。

キバは擬獣忍法で獣化し、赤丸は擬人忍法でキバの姿に変化する。

互いが互いに姿を似せた折中点、それこそが獣人分身であるといえるだろう!

獣人分身臨
ナルト秘伝・臨の書より引用 犬塚キバの獣人分身はこんな感じ

上記のカットを見る限り、キバのほうはまだしも赤丸の変貌ぶりがすごいよね!

元々の赤丸のサイズを考えると、この外見になるためには相当高度な能力が必要なはず。

パット見た感じでは、キバが2人になった…という感じだけど、どちらかというと赤丸の体の負担が気になってしまう!

もしかして八門遁甲みたいにチャクラ開放しまくってたりしてね…大丈夫か赤丸!

ちなみに獣人分身はキバ&赤丸のコンビにとって非常に基本的な攻撃の要になっている感じでだから、2人のうち1人(?)でも欠けてしまうと戦力が大幅にダウンしてしまうのが大きなマイナスポイントだ!

【スポンサーリンク】

牙通牙(がつうが)について!

獣人分身によって攻撃する必殺忍術、牙通牙。

擬人化した赤丸と共に体を高速回転させて体当たりをする体術よりの忍術だといえる。

使い勝手としてはチョウジの肉弾戦車に近い感じだろうか?

1人で発動できるぶん、チョウジの肉弾戦車のほうが使い勝手は良さそうな印象を受ける。

牙狼牙(がろうが)について!

また、巨大な狼に変身した状態で体を高速回転し、敵に突進する“牙狼牙”という忍術も存在する。

当然ながら牙通牙のバージョンアップ版…といった感じではあるものの、ダメージUPの反面体への負担も大きくなっていそうだ。

様々なコンビネーション忍術を持っている犬塚キバだけど、結構不遇な人物だよね。

犬塚キバこそ真の落ちこぼれ?

ナルトの同期の忍達は本当に優秀な人物が多い。

そんな中で、バトワンとしては犬塚キバが特に落ちこぼれのように感じてならないんだ。

当初のナルトと比較しても、多重影分身を覚えたあたりから一気に引き離されてしまった感があると思う。

また、猪鹿蝶と比べてもかなり見劣りしてしまうし、全体を通して彼の能力の低さが気になってしまうところだ。

優秀な忍が多かった年代だっただけあって、こういった“不遇な人物”が生まれてきてしまうのも仕方ないことなのかもしれない…。

【スポンサーリンク】