【ナルト】蛙組手(かわずくみて)の強さ考察、自然を厳選とする仙人体術!

ナルトがマスターした体術、蛙組手(かわずくみて)。

仙術を習得した者のみが操ることが出来る強力な体術であり、これがなかったらナルトは火影になれなかったとかんがえられる!

仙人モードになることで何倍もパワーアップできる蛙組手の戦闘性能について、バトワンなりに考えていきたい!

【スポンサーリンク】

蛙組手(かわずくみて)の強さ考察、自然を厳選とする仙人体術!

忍術を受け付けないペインに対して蛙組手を放つナルト。

通常の状態のナルトと比較して、仙術のエネルギーをまとっているのが以下のカットからもわかるはずだ!

通常モードのナルトと比較して、何倍も基礎戦闘能力がアップしていることが、仙人モード・蛙組手の利点といえる!

蛙組手1陣
ナルト秘伝・陣の書より引用 蛙組手(かわずくみて)はこんな感じ

大自然のエネルギーを体内に取り込むことによって危機感知能力が大幅に拡張。

これによって相手の動きを察知する能力がアップしたり、敵の攻撃に合わせたカウンターが入れやすくなるのもまた、蛙組手(かわずくみて)の利点のひとつにカウントできるかもしれない!

上記カットとかを見る限りでは一見正面から無謀に突っ込んでいっているようにみえるけど、こういった正面突破が狙えるのもれっきとした理由があるようだ!

【スポンサーリンク】

ペインですらも吹き飛ばす強烈な一撃!

仙人モードによって攻撃範囲を大幅にアップさせたナルト。

これによって攻撃を回避した“はず”のペインを吹き飛ばすことができた!

通用ではありえない攻撃範囲に影響を及ぼすことが出来るのも、蛙組手の大きなメリットとしてカウントすることができそうだ!

蛙組手2陣
ナルト秘伝・陣の書より引用 仙人モードで攻撃範をアップさせた!

蛙組手に用いられるエネルギーは、使い手の体の一部取り反応し、攻撃範囲・攻撃力もアップする。

危機感知能力のアップによる反撃体制もバッチリであることを考え合わせると、蛙組手があらゆる体術の中でトップクラスに優れた体術であることが容易に予想できるはずだ!

とはいえ、体術といえばやっぱりロック・リーやマイト・ガイといった“ゲジマユ系”の十八番。

ナルトの体術はまたゲジマユ系の体術とは性質の違うものだけど、ナルトの基礎的な体術レベルがアップしたことによって彼らの存在感が薄れてしまったのは少しだけ残念なところ。

とはいえナルトワールドの最後の方は、徹底的に“キャラを強くする方向”へと方針が向かっていっていたフシがあるから、これはこれで仕方ないことなのかもしれないね!

バトワンが勝手に“ゲジマユ系”のことが大好きだから、ナルトの蛙組手に微妙に嫉妬しているだけなのかもしれない!

【スポンサーリンク】