【戦国無双】立花誾千代の強さと人物像考察![OROCHI]

無双シリーズでは男装の麗人として名高い、立花誾千代。

今回はそんな立花誾千代について考察し、理解を深めていきたい!

ゲームと歴史の両面から掘り下げつつ、彼女の魅力の正体に迫ってみよう!

【スポンサーリンク】

立花誾千代の強さと人物像考察!

KOEIの無双シリーズにおける立花誾千代の外見は以下のような感じ。

短くカットした外ハネヘアが魅力的だね!

彼女は無双シリーズの中でも異色の“男装の麗人”であり、屈指の女傑でもあることで有名だ!

%e7%ab%8b%e8%8a%b1%e8%aa%be%e5%8d%83%e4%bb%a3
無双OROCHI2コンプリートガイド(上)より引用 立花誾千代の外見はこんな感じ!

戦国時代ってこともあって、彼女の振る舞いには女性らしさとしてよりも“君主”としての自覚を持っている雰囲気を感じてならない。

実際にどのような性格をしていたのかは定かではないけど、戦国時代であればこのような感覚を持った女性がいても納得できるところだよね。

戦闘では“雷切”と呼ばれる稲妻を帯びた刀を武器として使用して戦うスタイルだ!

女性キャラということで非常に移動速度もスピーディで、剣技もいい感じなので使用感はGOOD。

オーソドックスすぎるつまらなさはあるかもしれないけど、ベターに使いこなしやすいキャラだと思う!

【スポンサーリンク】

実際の立花誾千代!

立花道雪の娘として生まれた立花誾千代。

道雪に男の子が生まれなかったこともあって、彼女が家督を継ぐことになってしまった。

これが彼女にとって幸せだったのか不幸だったのかはわからない。

でも、当時の日本において“家督を継ぐ”というのは現代以上に重要なことだったと思うし、使命感を持って受け継いだんじゃないかな。

この時は男性当主が家督を相続するのと同じ手続きを取ったそうだ。

戦国無双では“男装の麗人”として描かれているけど、案外的を射た表現なのかもしれないね!

以後、高橋紹運の子、立花宗茂を婿に迎えることとなった。

このあたりも面白いところで、今度は立花宗茂の心持ちを察してみたくなる。

自分の奥さんが戦国時代でも稀な女性当主。

これは旦那さんとしてはどのような気分だったんだろうね!

戦国時代ってだけでも心中察しにくいところなのに、立花誾千代はさらにその中でもレアケースの女性当主。

そして、そんな立派な奥さんを持ってしまった立花宗茂。

このあたりの心に寄り添うためには、様々な文献を照らし合わせ、たっぷりと思いを馳せる時間を設けないと難しそうだ。

とはいえ案外現代も“女性が強い社会”になってきていたりもするし、かかあ天下の家庭で暮らすお父さん方と同じような感覚だったりするかもしれないね!

【スポンサーリンク】