【ハンターハンター】幻影旅団メンバー一覧と強さランキング考察!

ハンターハンターの中でもかなり重要なポジションである幻影旅団。

今回はバトワンなりに幻影旅団の強さをランキング形式でまとめていこうと思うんだ。

世界観的に能力の相性などもあったりするので一概には言えないんだけど、幻影旅団のメンバーの強さランキングって特に気になるところだしね!

【スポンサーリンク】

幻影旅団メンバー一覧と強さランキング考察!

何はともあれ、まずは幻影旅団の強さランキングを見てもらいたいかな、と思う。

以下がバトワンの考える順位付けになるんだけど、真実の強さにどれだけ迫れているだろうか!

ちなみにウボォーギンは既に死んじゃってるけど一応計上することとし、逆にヒソカは抜いて考えています。

順位 名前 念能力効果
1位 クロロ=ルシルフル まぁ団長の強さは安定の1位だよね。系統関係なしに念能力を複数持てるのはちょっとチート気味。不意を突かれたりしなければ旅団1位は揺らがないはず。
2位 フェイタン フェイタンはまだ全ての力を開放しているように見えないんだけど、変化系の能力者ということで、バリエーション豊富な戦闘能力を持っていそう。
3位 ウボォーギン ウボォーギンは序盤でクラピカにやられてしまったわけだけど、単純な強化系の能力者だけに、戦闘能力としてはかなり高いほうに分類できそう。同じ強化系のフィンクスよりも腕力は上だし、強化系同士なら自然と上になる気がする。
4位 ノブナガ 現状まだまだ見せ場が少ないノブナガ=ハザマだけど、特筆すべきはその“腕相撲の弱さ”だと思うんだよね。旅団の戦闘員の中でも腕力が低いのに、戦闘員として充分な位置を占めているということは、彼の念能力がよほど優秀であるに違いない!
5位 フィンクス フィンクスの念能力は俗にいう“ぐるぐるパンチ”。回せば回すほど攻撃力が上がる強烈パンチは、ウボォーギン亡き今となっては旅団の大黒柱になりつつあるかもしれない。
6位 フランクリン フランクリンは放出系のマシンガン攻撃なので、多数を相手にした時に強力だと考えられる。タイマン特化の能力と比較すると、やはり1対1は不利なきがするなぁ。
7位 ボノレノフ ダンスを踊って様々なものを具現化するボノレノフ。いまいちその強力さが不透明な気がするんだけど、隙が生じるのは大きな弱点かも。ただしこの“隙”を“リスク”と捉え威力アップの要因と解釈することも出来る。
8位 マチ 8位は正直シャルナークと迷ったんだけど、やはりマチのほうが上になるはず。糸を使った戦闘はシャルナークと比較して直接的であり、糸使いということで対応も柔軟そう。
9位 シャルナーク 相手を操作することが出来る念能力は“決まれば一発KO”みたいなものなんだけど、シャルナーク自体の身体能力がやっぱり疑問になってきそうなところだよね。
10位 シズク シズクは具現化した掃除機“デメちゃん”をつかってぶん殴ったりする。冷徹な部分もあるけど、戦闘向きでは無さそう。
11位 パクノダ 完全にサポート要員。コルトピと比較して拳銃を使った立ち回りが得意そうなので、コルトピより順位は上だと思う。
12位 コルトピ サポート要員2。完全に戦闘向きじゃないけど、念能力が旅団向きすぎて重要人物なのは間違いない。ある意味優秀な戦闘員を凌ぐ重要度。

【スポンサーリンク】

旅団の強さとは?

HUNTER×HUNTERのハンターズガイドによると、幻影旅団はA級のブラックリスト犯罪者集団。

そして、大抵の場合かなりかっこよく描かれているのも魅力のひとつ。

幻影旅団
HUNTER×HUNTER ハンターズガイドより引用 旅団が揃うとなんか迫力!

上記カットはHUNTER×HUNTER ハンターズガイドに描かれた幻影旅団の迫力画。

個人的にはウボォーギンが両手を上げてなんか叫んでいる感じがワイルドで好きかもしれない。

それぞれが特有の能力を磨いている念能力者集団だからこそ、組織力としてはキメラアントより厄介な可能性が高いと思う。

メルエム率いるキメラアント軍団は、念の内包量は莫大なものの、戦闘経験としては旅団に遥か及ばない感じだしね。

キメラアント編は終了してしまったから旅団との団体戦は見込めなくなってしまったけど、まぁ多分正面からやりあったら旅団が勝つんだと思われます。

特に上記の戦闘能力ランキングにおける7位(ボノレノフ)より上は普通に勝負して勝ってしまいそうな気がするよね。

なんなら8位のマチも念糸を使用した立ち回りによってはキメラアントを数匹始末できるかもしれない!

これから展開していく暗黒大陸編でも、幻影旅団はきっとかなりの活躍を見せてくれるはず。

なんだかんだあらゆるストーリーに絡んでくる幻影旅団だからこそ、その立ち回りから目が離せられない!

【スポンサーリンク】