【ナルト】万象天引(ばんしょうてんいん)の強さ考察、時空を歪める引力の力!

万象天引は神羅天征と対を為す忍術であり、引力を使用する忍術だ。

いや、考え方によっては引力と斥力という別々の忍術ではなく“本質は同じ1つの術”なのかもしれない!

今回はそんな万象天引(ばんしょうてんいん)について考察し、理解を深めていきたいと思う!

【スポンサーリンク】

万象天引(ばんしょうてんいん)の強さ考察、時空を歪める引力の力!

普通に考えて超強力。

相手を問答無用で引き寄せてしまう物理法則を操る忍術、万象天引。

神羅天征と対極にある“引力”を使用して引き寄せるといった意味では、大抵の忍は対抗できないものと思われる!

万象天引
ナルト秘伝・陣の書より引用 万象天引(ばんしょうてんいん)の外見はこんな感じ

万象天引を使用しているシーンは上記。

圧倒的に相手を引き寄せているけど、この引き寄せ能力はおそらく他の忍術とは全く性質が違うものだと考えられる!

相手を引き寄せるには色々な方法があると思うけど、掃除機みたいに風で吸い込むのならば、なんとか物に掴まったりすることで対抗できると思う。

“頑張って踏ん張る”とかでもなんとかなりそうな気がするよね。

でも、万象天引における“引力”は、多分別の力が働いている感じなんじゃないかな?

引力を使ってるってことは、どっちかというと“術者に向かって落ちていく感じ”だと思う。

仙人モードのナルトを強制的に引き寄せることがで出来た点を考え合わせても、並の忍では抵抗なんてできそうにもない!

【スポンサーリンク】

神羅天征よりも使いにくい?

神羅天征と比較して、万象天引は相手を“引き寄せることが出来る”という特性を持っている。

相反する忍術ではあるものの、相手が近づいてきてしまうこと自体がリスクだしデメリットって感じだよね。

戦闘において理想的なのは、相手に攻撃をさせずに一方的に無傷で勝つこと。

この状況を作るために、相手を引き寄せる…というのは、マイナスポイントしかないと思う。

相手のほうが離れて攻撃する手段における“射程・命中・威力”の三拍子が全て相手に分があったとしたら、逆に近づけてガツガツ殴り合っても良いかもしれないけど。

でも、そんな相手とはそもそも“戦闘を避ける”ように立ち回るほうが得策。

そう考えるとこの忍術は使い勝手が悪いと言わざるを得ないかもしれない!

神羅天征と万象天引は同じ忍術?

神羅天征の生みだす斥力と、万象天引の生みだす斥力。

これらは正反対の忍術のように見えて、同じ忍術のようにもみえる。

万象天引はA地点に向かって“落としている”のに対して、神羅天征はB地点に向かって“落としている”

もしかしたらこの2つの忍術には、これくらいの違いしかないのかもしれない!

違うようで似ていて、似ているようで違う2つの忍術。

この相関関係を考えてみるのも、時には面白いんじゃないだろうか!

【スポンサーリンク】