【ナルト】潜影多蛇手(せんえいたじゃしゅ)の強さ考察、蛇召喚しまくり!

大蛇丸のトレードマーク的な感じになっている“ヘビ”

今回考察していく術は、そんな大蛇丸の“潜影多蛇手(せんえいたじゃしゅ)”という術だ!

まぁ強力だよね、とっさの時にでも使えるメリットはかなり大きいんじゃないかな!

【スポンサーリンク】

潜影多蛇手(せんえいたじゃしゅ)の強さ考察、蛇召喚しまくり!

潜影多蛇手を使っている感じは以下。

自分の腕辺りから蛇を無数に口寄せしまくっている感じだ!

潜影蛇手で口寄せする蛇の数を増やしただけのシンプルな忍術なんだけど、使われたほうは脅威だよね!

潜影多蛇手
ナルト秘伝・者の書より引用 潜影多蛇手(せんえいたじゃしゅ)はこんな感じ

こんだけ大量のヘビに襲いかかられてしまっては、ヘビ嫌いじゃない人でもヘビ嫌いになってしまいそう。

さらに、この口寄せで呼び出される蛇はその1匹1匹がなかなかの大蛇だ!

多く口寄せすれば良いってもんじゃないけど、やっぱり沢山出てくるとぶっちゃけビビる!!

しかもこの術の凄いところは、各々の蛇たちが“威嚇・牽制・捕縛”などなど、攻撃の役割分担をしているところだ!

下手したら人間並の知能を持っているかもしれないね!すごい!

連携して攻撃するなんて忍同士でもなかなか難しいのに、蛇同士でやってしまうとはさすがだ!

いや、それともヘビ同士だから“こそ”可能になっているんだろうか?

【スポンサーリンク】

いざという時の潜影蛇手!

大蛇丸に関しては、いざという時には“潜影蛇手”って感じの立ち回りをすることが多いように感じる。

それだけあらゆる局面において使い勝手が良いのが潜影蛇手の特徴なんだろう。

パワーインフレが起こってしまってからは決定的な切り札にはなりかねる印象を受けるけど、それでも充分に強力な口寄せであることは間違いない!

また、ナルトや自来也が口寄せする“カエル”とも対になっている感じだよね!

蛇に睨まれたカエル。

本来存在する生物学的上下関係も踏まえて、うまく応用を仕掛けてくる辺り、類まれなるセンスを感じてしまうところだ!

大蛇丸に関してはナルトワールド全体に大きく影響を与えた忍でもあるし、BORUTOでもミツキ絡みで確実に再登場するだろう。

そうなってきた時に大蛇丸が潜影蛇手を使うのか、それともミツキが使用するのかはわからないけど、どちらにしてもこの術が再び日の目を見る日も遠くないはずだ!

バトワン的には“蛇が出てきたら大蛇丸フラグ”だと思っているから、BORUTOでもヘビの登場には細心の注意を払っていきたいところだよね!

楽しみだな、再登場!!

【スポンサーリンク】