【鬼滅の刃】憎しみ鬼の強さ考察、追い込まれれば追い込まれるほど強くなる半天狗について!

半天狗の新たなる形態として登場した憎しみ鬼。

今回はこの鬼についてバトワンなりに考察し、理解を深めていきたいと思うよ

喜怒哀楽の鬼を全部吸収したってことは、それら全ての強さを上回る能力を持ってる…と考えても良さそうな感じかな〜?

【鬼滅の刃】半天狗の実力&喜怒哀楽の分裂体についての現状整理&考察!

【スポンサーリンク】

憎しみ鬼の強さ考察、追い込まれれば追い込まれるほど強くなる半天狗について!

今回登場した憎しみ鬼(現状名前は不明)の外見は以下のような感じ。

子供のような外見をしておりながら、非常に強烈な威圧感を放っているのが特徴だね!

周囲に与えていた重圧のような威圧感を確認するに、この時点ですでに妓夫太郎よりは上の実力を持っていることが伝わってくるような気がする!

【鬼滅の刃】妓夫太郎&堕姫の強さ考察、上弦の睦の実力について今思うこと!

この


鬼滅の刃116話より引用 喜怒哀楽が合体した憎しみ鬼!

この「憎しみ鬼」の戦闘方法に関しては、まだまだ不明な点が多い。

なんだけど、少なくとも以下のような感じで「樹木や環境をコントロールして戦う」というのは間違いなさそうな感じだよね!

半天狗の本体である“小人爺”を守りながら戦うのにも非常に適しており、厄介なことこの上ない!


鬼滅の刃116話より引用 憎しみ鬼は樹木や環境をコントロールして戦うっぽい!

樹木を動かして操ることが出来るということは、地形に大きな影響を与えることが出来るということ。

トップの画像で示されているように、小人爺を隠す地形を都合よく作っていけば、ただでさえ捉えにくい小人爺がさらに見つかりにくくなってしまいそう。

これからの戦いは一段と難しい戦いになってきそうな予感がする!

【スポンサーリンク】

追い込まれれば追い込まれるほど強くなる鬼!

喜怒哀楽が吸収・合体したことによって、憎しみ鬼へと変貌した。

この憎しみ鬼が強くなった“要因”を生み出したのが、この小人爺であることは明白。

とても強くは見えない本体だけど、コイツのほうが憎しみ鬼よりも立場(?)は上って感じだよね。

この小人爺は「追い込まれれば追い込まれるほど強くなる鬼」だから、このままいけばまだまだ敵が強くなっていく可能性があると思う!


鬼滅の刃116話より引用 半天狗は追い込まれれば追い込まれるほど強くなる鬼!

本来ならば「追い込まれていると自覚する前に頸を斬る」みたいなことが出来れば最も良いんだろうけど…状況としては時すでに遅し。

いったいこの半天狗、どのように攻略するのが正解なんだろうか!

この鬼の性質は「頸を斬り落とされる瞬間が最も強くなる」ってことになってしまうという厄介なものだと考えられる。

「あと1cmで頸が落とせる」となれば、それが届かないところまで強くなる。

また「あと0.1cmで頸が落とせる」となれば、それが届かないところまで強くなる。

以降、この無限ループが繰り返されるのならば、原理的には「頸が斬れない」ってことになってきそうな予感すらしてきてしまったかも!

となってくると、この鬼をなんとか始末するためには、この原理が届かない何かしらの方法で頸を切断するか、あるいは封印措置を行うか…といったところになるだろうか?

何はともあれ、まだまだ情報不足なところも多いから、以降の新情報追加に伴って憎しみ鬼の攻略法を炭治郎たちと一緒に考えていけたらと思う!!

【スポンサーリンク】