【ナルト】夜ガイの強さ考察、マイト・ガイが引き継いだ究極蹴撃!

何回見ても格好いいマイト・ガイの八門遁甲。

今回はそんな八門遁甲の技の中から、夜ガイ(やがい)について考察し、理解を深めていこう!

もはや日頃のガイ先生とは全く別人の外見に戦慄する!

【スポンサーリンク】

夜ガイの強さ考察、マイト・ガイが引き継いだ究極蹴撃!

マイト・ガイの使用した夜ガイは以下のような感じ。

夜ガイは、マイト・ガイがその父親より受け継いだ八門遁甲をフルに活用した必殺体術だ!

まさにその迫力と威力、デメリット&リスクは、究極奥義の名に相応しい!

夜ガイ
ナルト秘伝・陣の書より引用 夜ガイはこんな感じ

夜ガイは八門遁甲の最後の門“死門”を開いた時にのみ使用できる体術。

この死門は開いたが最後、使用したものは文字通り絶対に絶命してしまう!!

しかし、そのリスクを背負うだけのことはあって、一時的には五影をも凌ぐほどの圧倒的な戦闘能力を発揮する究極の切り札だといえるだろう!

赤い蒸気を発しながら迫りくるガイの強烈な体術は、見ていて痛々しい印象も受けてしまうけど、そのぶん圧倒的な戦闘能力を発揮していた!

命を賭けた渾身の開門、マイト・ガイはあの時どのような心持ちで戦っていたのだろうか?

彼の覚悟にはきっと悲壮感は無く、完全に前だけを向いていたような気がしてならない!

【スポンサーリンク】

夜ガイの圧倒的蹴り威力!!

赤い蒸気を発生させながら燃えるようなチャクラを発生させ、助走をつけて加速。

そのまま空前絶後の蹴りを叩き込む必殺体術。

そのあまりの威力は体術の領域を遥かに超えており、空間すらも捻じ曲げてしまうのだそうだ!

これほどまでの蹴撃ならば、あのマダラの右半身を完全に破壊するほどの威力を発揮したとしても納得できるところだね!

まるで龍のようなチャクラを放ち突撃していくガイの後ろ姿。

新たなる世代に次の未来を託すためにその命を惜しまなかったマイト・ガイ。

死を恐れる気持ちが無かったわけじゃないと思う。

しかし死を恐れる気持ちを、次の世代に賭ける希望が凌駕したことによって、死門を開く決断をすることができたんじゃないかな。

大抵の人は誰かに希望を託すよりも、自分が生き延びる道を選ぶ。

これは何も責められることではなくて、当然の考え方だといえるだろう。

しかし、あえてその逆を取り、自分の命よりも守るべきものの命を優先した。

この決断ができる事自体が、マイト・ガイという熱き男の本当の意味での強さであるといえるかもしれないね!

木の葉隠れの里の中でも、彼の乱舞は後世にまで語り継がれる伝説となるんじゃないかな!

【スポンサーリンク】