【ナルト】火遁・鳳仙花爪紅(かとん・ほうせんかつまべに)についての考察、灼熱の手裏剣が舞う!

火遁の派生忍術である火遁・鳳仙花爪紅(かとん・ほうせんかつまべに)。

これに関して掘り下げている人があんまいなかったので、この機会に考察してみたい!

上忍クラス以上の忍術ということで、かなり扱いやすい忍術だと言えそうだ!

【スポンサーリンク】

火遁・鳳仙花爪紅(かとん・ほうせんかつまべに)についての考察、灼熱の手裏剣が舞う!

火遁・鳳仙花爪紅(かとん・ほうせんかつまべに)を使っている感じは以下。

口から噴出した炎を手裏剣に纏わせて“炎の手裏剣”といった感じで相手に飛ばす忍術だ!

術の会得難易度も高い、トリッキーな技であるといえる!

img_1241
ナルト秘伝・陣の書より引用 火遁・鳳仙花爪紅(かとん・ほうせんかつまべに)はこんな感じ

火遁・鳳仙花爪紅について色々と考えてみたんだけど、この術は他の火遁系と比べると威力は弱そうに感じてしまう。

炎自体の熱ダメージだけでいけば一層のことで、火遁・豪火球よりも爆炎で与えられる効果は小さいんじゃないだろうか。

しかし、火遁・鳳仙花はそれなりに特別な能力だといえると思うんだよね。

そう、キーワードは“手裏剣”というポイント。

作中でこの忍術を使用したのはうちはイタチだけど、場合によってはもっと幅広い使い勝手がある忍術なのかもしれない!

【スポンサーリンク】

火の性質変化を用いている点において!

火遁・鳳仙花爪紅を分解してみると“火の性質変化+手裏剣”という組み合わせになっていることがわかる!

つまり、これは手裏剣じゃなくてもクナイじゃなくても、色々なものに炎を纏わせられるという証左になるのではないだろうか!

また、この忍術の骨子は“自分の手から離れた忍具に炎を纏わせられる”という点にあるような気がする!

例えば上記の火遁・鳳仙花を見る限り、手裏剣は発泡に飛び散っているようにみえる。

これはおそらくイタチが自身で放った手裏剣に炎をまとわせたからだと思うんだよね。

つまり、周りの忍と連携することによって、一層強力な忍術になると思うんだ!

特に忍具を使用することを得意とする忍にとっては、一層の効果が期待できる忍術といえるかもしれない!

問題はこれを使用する“うちは一族”が、なぜか“ひとりになってゆく性質”を持っているところ。

彼らに絡まりついた運命の糸は、仲間というぬくもりからそれぞれを遠ざけて、孤独の道を歩ませようとしているかのようだ。

そういった点を鑑みると、仲間の忍具にピンポイントで着火して火力アップが可能だと思われる火遁・鳳仙花の術は、内は一族に向いていない忍術と判断せざるをえないのかもしれない。

少なくとも、今のところは。

【スポンサーリンク】