【ナルト】雷遁・黒斑差(くろばんさ)の強さ考察、ダルイの用いる電光石火!

雷遁の中でもなかなかに強力な性能を持っていると思われる雷遁・黒斑差(くろばんさ)。

今回はそんな雷遁・黒斑差について考察し、理解を深めていきたい!

黒斑差によって形作られた黒豹はめっちゃ格好良い感じだ!

【スポンサーリンク】

雷遁・黒斑差(くろばんさ)の強さ考察、ダルイの用いる電光石火!

黒斑差によって形作られた黒豹は以下の様な感じ。

身体から放出されれう無数の雷を結集して、黒豹を生み出してしまうのがこの忍術の骨子。

バチチチチチ!!と巨大な雷鳴・放電音を響かせながら敵に襲いかかる姿は壮絶だ!

バトワン的に結構使ってみたい忍術の上位に食い込んでくるかも!

雷遁黒斑差陣
ナルト秘伝・陣の書より引用 雷遁・黒斑差はこんな感じ

ナルト世界ではチャクラの形とかを動物の形に変えて攻撃するキャラが結構多い。

今回考察中の雷遁・黒斑差も例に漏れず、そういった術の一貫って感じだと思う!

ナルトで描かれた情報よりももっと深い部分で“チャクラと人間の意識、あと動物”の間に何かしら潜在的な関係性があるのかもしれないね!

カグヤ以前の歴史はなんだかんだ言って謎に包まれているし、もしかしたら遥か昔からチャクラは“動物スタイルの攻撃”に収束するように出来ていたのかもしれない!

【スポンサーリンク】

雷遁・黒斑差の強さはどのくらい?

雷っていう属性自体がバトル漫画ではトップクラスの性能を誇ることが多い。

当然ながら、ナルト世界における雷遁もその典型的な一例だといえるだろう。

黒い雷で形作られた雷遁・黒斑差に関しては、雷で作られているだけあって圧倒的なスピードで敵を殲滅してしまう凶暴性を秘めている!

また、水を媒介にして雷を一気に拡散することも可能だ。

これによって通電力を活かし、通常の射程範囲を遥かに超える広範囲に影響力を与えることが出来る!

普通に考えて雷遁と“水の通電力”の関係は圧倒的で、このアドバンテージはかなり大きいものだといえるだろう!

さらに、この雷遁・黒斑差の術は“希少忍術”ということで、扱えるのはダルイを含めた少数の忍だけだとのこと。

このことを考え合わせると、黒斑差の破壊力もさることながら“相手に対策されにくい”というメリットも大きいといえるだろうね!

忍の世界では一瞬の油断が敗北を招くことも少なくないし、黒斑差のようにマニアックでレアな忍術であれば、相手の意表をついて“何が何だかわからないうちに倒し切る”という荒業が可能かもしれない!

インフレ拡大後の忍術と比較するとさすがに見劣りする部分が多いと思うけど、雷遁・黒斑差も強力な忍術であることは間違いないといえるだろう!

【スポンサーリンク】