【ナルト】火遁・灰積焼(はいせきしょう)の強さ考察、猿飛アスマの爆発火遁!

今回は火遁・灰積焼(はいせきしょう)について考察していこう!

猿飛アスマ先生の忍術だけに、ちょっと思い入れがある感じかも。

基本的に火遁はヨガフレイム形式なんだけど、これはちょっと凝った設定みたいだ!

【スポンサーリンク】

火遁・灰積焼(はいせきしょう)の強さ考察、猿飛アスマの爆発火遁!

火遁・灰積焼(はいせきしょう)を使っている感じは以下。

周囲一帯にチャクラを変質させた火薬を吹き散らかし、あらかじめ“奥歯に仕込んでいた火打ち石”で着火するというのが灰積焼の骨子だ!

どこからともなく炎が起こる忍術と比較して、しっかりと“原理がある忍術”って感じで良い!

火遁・灰積焼
ナルト秘伝・者の書より引用 火遁・灰積焼(はいせきしょう)はこんな感じ

チャクラ火薬に火打ち石で着火することによって、火薬の舞うエリアを大爆発に巻き込んでしまう火遁・灰積焼。

空気の流れを読む感覚に優れていないと、味方や自分も爆発に巻き込まれてしまうような危険な火遁忍術だ!

強力な忍術ではあるんだけど、しっかりした戦術眼と洞察力がないと使いこなせない類の忍術だといえるだろう!

奥歯の火打ち石で着火するということで発動自体の難度は高くなさそうだけど、実際に使うとなると話が変わってくる典型だと思う!

【スポンサーリンク】

爆発を起こしていくスタイル!

“周囲一帯にチャクラを変質させた火薬を巻いておく”ことによってこの爆発の規模は変わってくるといえそう。

このことを踏まえると、使い方次第ではとんでもなく悪質なワンサイドゲームに持ち込めるんじゃないだろうか?

例えば撃破したい敵の土地があったとしよう。

そうした時に間者(スパイ)のような感じで潜伏し、里一帯に火薬という火薬を撒き散らかしておく。

そしてタイミングを見て着火する…ということをしてしまえば、一方的に“気付いたら爆炎の中だった”みたいな状況に陥れることだって可能かもしれない!

自分で着火しないといけないのは難点かもしれないけど、単純な火薬ではなく“チャクラを変質させた火薬”を使用するってことであれば、やり方次第では資源は無限。

ナルト世界の忍達は結構“モラルを守って忍術を使ってる”って感じがするけど、このモラルさえぶっ壊してしまえば、かなり悪質な使い方だってできそうな気がして恐ろしいところだ!

使い方次第では無限の可能性を秘めているチャクラという存在。

これを駆使することがいかに危険なことであるかという典型的な一例だといえるかもしれないね!

また、チャクラが人間に渡ると“モノを生みだす以上にモノを壊そうとする”という性質が表に出て来やすい…ってところも、忘れずに付け加えておきたいところだ!

【スポンサーリンク】