【ナルト】火遁・頭刻苦(ずこっく)の強さ考察、モチーフはまぁアレだよね!

火遁の術の中でもかなり特別な忍術、火遁・頭刻苦(ずごっく)。

もちろんだけどこの忍術のモチーフはアレだよね!

今回はそんな火遁・頭刻苦(ずごっく)について考察しつつ、思いを馳せてみたいところだ!

【スポンサーリンク】

火遁・頭刻苦(ずこっく)の強さ考察、モチーフはまぁアレだよね!

火遁・頭刻苦を使用した感じは以下。

以前に考察した火遁・龍豪火とは対照的に、逆に範囲攻撃を主体としたのがこの忍術…って感じだね!

地面に燃え広がる炎が迫ってくる感じはまさに脅威だ!

火遁・頭刻苦
ナルト秘伝・者の書より引用 火遁・頭刻苦はこんな感じ

頭刻苦の骨子は地面に落とした小さな火の玉。

これが一瞬にして燃え広がって、辺り一面を火の海にしてしまうという忍術だ!

どういう原理になっているかはわからないけど、強力な火遁であることは間違いなさそうだよね!

また、風の性質を加えることによって火はさらに勢いを増し、さらなる燃焼を呼び起こす仕組み地なっている!

直撃して即死…といった忍術ではなさそうだけど、炎の影響する範囲が広いため回避行動がかなり難しそうだ!

また、こういった広範囲の火遁は戦術面でも結構便利に扱えそうな予感がする!

多くの忍が火遁を戦闘中心で活用していたけど、戦略面で効果的な火遁系忍術は以外に少ないかもね!

【スポンサーリンク】

敵のあぶり出しに使える!

火遁・頭刻苦に関しては効果範囲が広いこともあって、隠れている敵のあぶりだしに効果が高いだろう。

また、火の“燃え広がる性質”を考え合わせれば、山とかを丸ごと燃やし尽くしてしまうことだって可能かもしれない!

さらに、特定の方向から炎を放てば、そこに住む人々達は逆の方面に逃げようとする。

逆の方面に多数の罠を仕掛けておけば、簡単にひとつの集落を滅ぼすことだって可能かもしれない!

そういった面では相当に強力な戦略的価値がある忍術であるといえるかもしれないね!

バトワンが火遁・頭刻苦を使える忍を用兵していくなら、そんな感じで戦略を構築していきたいと考えると思う!

もちろんモチーフは…?

火遁・頭刻苦のモチーフはやはり機動戦士ガンダムだろう!

ズゴックというのは、機動戦士ガンダムに登場した水陸両用MS。

結構いろんなバリエーションがあって、あの“シャア”も乗っていたりした!

ガンダムファンにはおなじみのモビルスーツがモチーフとなってナルトの術になるとは、感動してしまったファンもきっと多いんじゃないかな!

人によっては「えー…」となった人もいるかもしれないけど、こういった部分の遊び心は良い感じかもしれないね!

【スポンサーリンク】